banner
index services experience quality rates policies contact jpn
policies turnaround format policies

honyaku-anken-shurui

各翻訳案件に最適な翻訳サービス提供者:

前述のように、ブティック翻訳者と総合翻訳会社は、いずれもそれなりの強みと弱みがあります。両者を巧く利用するコツは、翻訳市場の2層構造を把握することと、それぞれの短所を避けながら長所を巧みに利用することです。総合翻訳会社の強みは、いかなる分野といかなる言語で、大量案件を至急に処理することですが、その品質と翻訳料金にかなりバラツキがあります。また、品質管理の各ページに強調いたしましたように、お客様と翻訳者は直接に連絡できません。その結果、翻訳工程で非常に重要な協議と「逆行協議」が難しくなり、誤訳と改悪の危険性が高くなります。ブティック翻訳者の強みは、永年の経験とお客様との信頼関係に基づき、お客様の専門業務をよく知り、その特殊な翻訳ニーズと好みを精密に理解し、お客様と密接に協力しながらより専門性と品質の高い翻訳サービスを競争的な料金で提供することです。総合翻訳会社の弱みがブティック翻訳者の強みで、総合翻訳会社の強みがブティック翻訳者の弱みです。上記の図には、定期性の低い分類から定期性の高い分類までの順で翻訳案件を表示しています。案件は、専門性と定期性があるほど、ブティック翻訳者の強みが発揮され、不定期性と言語・分野・大小の凸凹があるほど総合翻訳会社の強みが発揮されます。また、お客様の視点から、定期性があるほどブティック翻訳者を含む、自社の翻訳チームを組織し易くなるので、高品質を狙い、翻訳料を抑える戦略を実行し易くなるのです。結論から言えば、翻訳市場の2層構造の上手な使い方は、総合翻訳会社とも、独立したブティック個人翻訳者ともビジネス関係を作り、不定期案件なら総合翻訳会社へ、高品質を要し専門性のある定期案件ならブティック翻訳者へ委託することでしょう。

teiki-honyaku-anken-riten

翻訳案件の分類:

案件の種類は、上表に示す通りです。但し、定日案件が所定日時に委託されなかった場合は、不定日案件として取り扱うことがありますから予めご了承ください。また、他のお客様の案件が既に予約された場合、特定の日時が対応できない可能性がありますから、柔軟性があるほど対応できます。それから、納期が到来されないうちに翻訳作業途中で最初の翻訳用原稿を修正版に取り替えようとの要求がお客様からあった場合、原稿の一部を翻訳し直したり改訂部分を挿入し対照したりするような作業は字割りでなく時間割で計算することがあります。なお、定期案件、特に定日案件の翻訳期間が、不定期案件の翻訳期間に比べたら短いので、納期には影響を及ぼします。しかし、不定期案件に比べたら、定期案件、特に定日案件の字数を「基準字数」に含めることが容易ですから、翻訳費用を抑えるのにも効果的です。

Copyright (c). All rights reserved.