banner
index services experience quality rates policies contact jpn

学歴: translator カリフォルニア州立大学で経済学、政治学、日本語及び中国語を勉強いたしました。同大学の国際プログラムに合格し、1976年に早稲田大学に留学するために初めて来日いたしました。留学中、年配のご夫婦の家庭でホームステイを経験いたしました。ホームステイ先のご家族のお父さんは、元帝国海軍大佐で、お母さんは琴や三味線の教師でした。3年後カリフォルニアの大学に戻り、社会科学部経済学科を卒業、大学院生として約1年半の間、経済学、政治思想、語学等を中心に研究を続けました。在学中、大学の「学習センター」で経済学や政治学の個人講師を勤めました。大学の作文試験で上位2%で合格してから、「学習技術センター」の講師となり、留学生に作文や英文法を教えるようになりました。1984年に再び日本へ渡り、翌年より上智大学法学部大学院の研究生として、国際法や日本の法律制度・法律文化に関する課題を研究いたしました。1年間の研究を終了した後は、主に法律関係の翻訳を中心に、大手渉外法律事務所などで経験を身につけようと没頭いたしました。

職歴:

translator 仕事として本格的に翻訳を始めたのは1985年の夏、東京新橋にある法律事務所に就職した頃からです。数ヶ月後、上智大学法学部大学院在学中、霞ヶ関ビル内の大手渉外法律事務所に転職し、1990年まで勤めました。職務内容は、幅広い法律、金融関係の資料の英訳と和訳でした。同事務所の創立者は、日本弁護士連合会の国際委員会会長を務めていたので、その活動に関わる講義や会議資料を作成・執筆する仕事も担当しました。仕事の内容は、国際法律実務の他、人権等国際公法の諸問題、国際諸制度の継受や抵触等、強まる国際化により発生する文化的、法的、商的問題等、多岐にわたる課題に関してでした。1990年頃に、専門分野を経済や証券へ広げることにいたしました。「ジャパン・エコノミック・ジャーナル」や証券会社等の外注翻訳者を経て、日系証券会社の調査部で社内翻訳者として採用されました。約2年後、先に欧州系大手投資銀行へ転職していた元上司の誘いで同投資銀行へ転職しました。職務は、証券アナリスト、エコノミスト、およびストラテジストによる調査レポートや記事の英訳・和訳でした。約2年後、ドイツ系投資銀行のエコノミスト、ストラテジスト及び銀行アナリストの直接の指揮下で作業するため、同投資銀行へ転職しました。各業界の証券アナリストによる日常的な調査レポートのほか、エコノミストやストラテジストによる日本・世界経済に関わるマクロ経済予測、株式市場、外為市場などに関するレポートや、銀行アナリストによる銀行セクターレポート、当時大問題となっていた金融業界の再編と行政改革(日本版「金融ビッグバン」)に関わる資料を中心に、翻訳経験を更に積み重ねました。2001年頃には、当時日本最大の銀行グループの証券部門の正社員として本社で採用されました。80年代以来、日本経済史の最も波乱に富んだ局面において、日本の著名な法律家、エコノミストやアナリスト達の直接の指揮下で翻訳経験を蓄積して参りました。司法界や経済界における経験以外にも、1990年代中頃以来、日本政府の国際広報に関する有数の国内月刊誌の外注翻訳者として、日本・国際経済、産業、政府開発援助、日本社会・文化、人口問題、災害復興等その他の記事を翻訳して参りました。

翻訳講師の経験:

90年代後半には、東京の大手翻訳・通訳学校で翻訳の講師を勤めました。講義を担当する傍ら教材開発も担当いたしました。教材と共に開発した指導法も生徒から高い評価を頂きました。

近年の翻訳活動: 経済・法律・公務等各分野での仕事のバランスを取るため、2003年に米国系大手渉外法律事務所に就職いたしました。2007年に独立してから現在まで、幅広い翻訳活動を円滑に続けております。

Copyright (c). All rights reserved.